1DAYファスティング

「1DAYファスティング」を始めてみませんか?
生活のクオリティーが上がりますよ。

「腸管造血」とは、口から入った食べ物は腸に行き、血液に変わる「自然医学ファスティング(断食)」とは、断食時に起こる人体機序の基本を理解し実践する断食方法です。
日本全国に『食養生』を広げます。1日断食(ファスティング)の普及を通して、小食こそが健康の源であることを証明します。
森下自然医学を踏襲し、玄米菜食+適塩を広げます。

目的

ファスティング(断食)を通じて、生活習慣や食習慣の見直し・改善を行い、心身ともにリフレッシュしましょう。
ファスティング(断食)とは、日頃のストレスや過食で疲れた臓器を休息させることで組織細胞の活性化を図り、代謝機能を正常な状態に戻す健康療法です。
そして、それを契機に、普段の生活様式を小食に改め、且つ、玄米菜食・適塩をベースにした食生活に移行することにより、真の健康体質に造り変えることを目的としています。
森下敬一

森下敬一 医学博士(お茶の水クリニック院長)、国際自然医学会会長
千島・森下学説「腸内造血」提唱者
著書「血液をきれいにして病気を防ぐ、治す50歳からの食養生」「ガンは食事で治す」など約80冊がある
ホームページ : http://morishita-med.jp/

「ファスティング(Fashing)」とは=断食のこと

日本では古来より健康法として断食が実践されてきました。日本だけに限らず、古代インドや中国、中東、ヨーロッパなど世界中で生活に健康法として取り入れられています。そのほとんどが体内デトックスと内臓を休ませるという目的です。
ファスティングを(断食)を通じて、生活習慣や食習慣の見直しと改善を行い心身ともにリフレッシュしましょう!
日頃のストレスや過食で疲れた臓器を休息させることで、組織細胞の活性化を図り代謝機能を正常な状態に戻す健康療法です。
普段の生活様式を小食に改め、且つ玄米菜食・適塩をベースにした食生活に移行することにより真の健康体質に作り替えることを目的としています。
現代人は食べ過ぎと言われおり、また添加物や農薬だけでなく、知らず知らずのうちに有害な化学物質も取り込んでいます。
しかしこれらは健康な方ならば体の自浄作用により便・尿・爪・髪・角質・汗・皮脂から排出されています。
便(75%)尿(20%)(残り5%のうち、3%が汗から、2%が毛や爪から排出される)
しかし、腸内環境が悪いと便秘などで排泄が滞っている状態では汚染物質が長く腸にとどまる事で、毒素が腸から再吸収されて肝臓にまわるという悪循環を起こします
東洋医学では2000年も前から「万病一元、血液の汚れから生じる」万病は「血液の汚れ」からと言われています。

 

血液の汚れを引き起こす主な原因

「食べ過ぎ」と「身体の冷え」と「運動不足」です。

食べ過ぎ
食事の不摂生とは、主に食べ過ぎな状態をいい、余分な糖・脂肪・コレステロールが血液の中に増えます。そして食べ過ぎによって消化活動のために胃や腸にたくさん血液が集まるので他に血液が行きわたりにくくなり低体温化してしまいます。

身体の冷え
体温が1度下がると、、、(健康な人の理想的な体温は脇の下で36.5℃)
●免疫力が約30%低下⇒風邪や感染症にかかりやすくなったりアレルギーになりやすくなる
●基礎代謝が約12%低下⇒脂肪が燃えにくくなり太りやすくなる
●体内酵素活性が約50%低下⇒栄養吸収が悪くなり、エネルギー生産量が減り疲れやすくなる
●体温が35℃以下⇒がん細胞が最も好む体温で増殖しやすくなる

運動不足
食事の不摂生とは、主に食べ過ぎな状態をいい、余分な糖・脂肪・コレステロールが血液の中に増えます。そして食べ過ぎによって消化活動のために胃や腸にたくさん血液が集まるので他に血液が行きわたりにくくなり低体温化してしまいます。

1DAYファスティングの目的

食への意識を高めて少食を目指す
食べない事で今まで何を食べてきたのかを改めて考える機会を持つことができます。
満腹中枢がリセットされ、お腹がいっぱいになるのがわかり無駄に食べなくなります。
少食になると内臓が休まり胃腸に血液が過剰に回らなくて済みますので消化酵素を必要としない為、脳や体の修復の為に代謝酵素やエネルギーを回す事ができます。
それにより免疫力が上がります。

玄米菜食を基本とした食生活にしていく
欧米化された食事から伝統的な日本食に戻す。
玄米はビタミン・ミネラル・食物繊維・脂質にタンパク質を多く含んだ完全栄養食です。
どんな体質の人が、どの季節に食べても体質改善の効果を確実に発揮する素晴らしい食べ物です。
豊富に含まれる食物繊維によって便通が促進され便秘が改善されます。
特に、玄米に含まれるフィチン酸は、有害金属と結合し対外に排出する働きをします。
※3日ファスティングはちょっと、、、と言う方は週末を利用した一日ファスティングでも身体が軽くなるなどの体感を得る事ができます。
チャレンジをすることで「3日ファスティング」につなげていくことも1DAYファスティングの目的の一つです。

ファスティング(断食)による効果

●腸の浄化 ●血液の浄化 ●肝臓の浄化 ●免疫力UP ●体質改善 ●思考の明瞭化
●デトックス ●体脂肪が落ちる ●五感の正常化 ●少食になる●味覚が正常化される など
※個人差があります

目指せ!朝食抜きの一日2食

ファスティング、1DAYだからチャレンジできる!

「朝食は一日のエネルギー源」と言われていますが、これは間違いです。
今日一日の活動エネルギーは、既に前日までの食事によってきちんと確保されています
1DAYファスティングの最大の目的は食べ過ぎていたことに気付き、腹八分目にすることや一日2食なり1食なりに食事の量を減らす事です。
そして理想的な食事スタイルは「和食」です
海外ではダイエット効果のある健康食として「和食」が注目されています。
野菜料理を中心に肉を魚にし、米と味噌汁にすることから始め、徐々に和食にシフトしていきましょう。
日本には味噌・納豆・醤油・漬物など身体にたくさんのメリットのある発酵品も豊富にありますので、植物性の発酵食品を積極的に摂りましょう。
食事の量を減らすだけでも生活主観病の危険性を下げる事ができるのです

≪朝食を抜く≫
朝食を抜きにすることで、内臓を休める事ができると慢性疲労がなくなり体が軽くなって朝から元気いっぱいに動けるようになったりします。
≪腸の環境が整います≫
食べ物を食べて消化・排出するまでに人は18時間かかります。
18時間あいだを開ければ身体は食べ物を消化して老廃物を排出し、その後しっかり内臓を休める時間を取る事ができます。
朝・昼・晩と一日3回ご飯を食べると、排出の途中で次の食事が入ってきます。
≪ダイエットにも≫
一日2食にすることで、摂取カロリーが減ります。
するとエネルギーの代わりとなる体脂肪を燃やすようになるので、ダイエット効果も期待できるようになります。
そしてまた、美容にも効果的で体の中を綺麗にすることは食べ物の消化や老廃物の排出に100%の力を使う事ができるので体内の溜まった老廃物を排出することになります。

ファスティング成功を維持し健康生活するためのポイント!

●バラスの良い菜食 ●日常に適度な運動を取り入れる ●食事は良く噛み腹八分目
●体を温め冷やさない ●快適で穏やかな睡眠をとる ●ファスティングが出来た事への良いイメージを持つ

1DAYファスティングの方法

(注)ファスティングをしてはいけない方がおりますので詳しくはお問い合わせください。

①カウンセリング
ファスティングを安全に実施できる体調なのか、予め健康状態、生活状態の確認をします。
ファスティング中に摂取する「ファスティングサポートサプリ」や「自然塩」について説明します。
②準備期
徐々に軽めの食事を摂りファスティング日に強い空腹感を感じないように準備します。(和食中心・低カロリーで甘いものは避ける)
③ファスティング期
ファスティングサポートサプリなどを1日3回お好きなタイミングで飲みます。
※森下自然医学、商品氣能値測定に90点以上の商品を使用となります
森下自然医学ファスティングを踏襲したファスティング方法なので得体のしれないファスティングサポートサプリは絶対に使用しません。
④復食期
お粥から始めファスティングサポートサプリを併用し、徐々に普通食へ戻します。
⑤置き換え期
普通の食事を「玄米菜食」の和食を中心とした食生活に置き換えます。

※詳しい説明については申込みあった方のみ資料をお渡しします。

 

1DAYファスティング料金

指導料+ファスティングサプリ込み
18,000円

自然療法で体幹を整え自律神経に働きかける事で自然治癒力を引き出します。
人間は、誰でも生まれた時から生体の安定した元の正常値に戻し一定に保たれる機能をもっています。
これをホメオスタシス(恒常性)といいます。
自然治癒力を高め、さらに森下博士の1DAYファスティングにチャレンジしませんか?
今後、森下敬一医学博士の1DAYファスティングトレーナーとして更に皆様をより健康に導くお手伝いをさせていただきます。

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP