コレステロール

来院されている中高年の人たちは、何らかのお薬を飲まれている人が多いです。

血圧を下げるお薬や痛み止め・・・次に多いのがコレステロールを下げる薬です。

基本、お薬は石油で作られている・・・という事は、以前投稿させていただいております。

医学不要論の内海先生から、情報がありましたので転載させて頂きます。

世の中のウソにより、飲む必要のない薬が大量に処方されております。

正しい知識を、一般の本やテレビなどでは得られません。

参考にしてください。

転載↓

高コレステロールは、恐れる必要はない。われわれは、コレステロール値を測定すること、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)に区別することを学んできた。そして、またしても、産業全体が、食品産業だけでなく医薬品産業もが、この論理を基盤に成り立っており、極めて危険なスタチン(コレステロールを下げる薬)が悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすといっている。

コレステロールに、善玉も悪玉もない。コレステロールは一種類であり、それがコレステロールのすべてだ。本当に科学的な視点で考えると、コレステロールを善玉・悪玉に分けるのは何か?それは食習慣だ。悪い食習慣(糖分)が、血液をネバネバ・ベタベタにする。コレステロールは血液の一部であり、血液が血管の壁に粘り付き始めると、血中のコレステロールも粘りつ付くようになる。(どうして「LDL血液」と「HDL血液」と言わないのだろう…?)血管の壁にへばりつくコレステロールは、LDLと呼ばれ、それ故に悪玉とされる。血管を順調に流れるコレステロールは、善玉・HDLとされる。コレステロールと血液がネバネバしてくると、医者には「高LDL」と診断されるだろう。

この誤ったLDL・HDL診断は、血中コレステロールばかり見て、スタチンという「解決策」を提供する医者のために発生する。コレステロールには一種類しかないわけだから、薬を投与すれば、LDLだけではなく、全部のコレステロールを低下させてしまう。これは極めて危険だ。副作用として、筋肉の痙攣や血流障害などのリウマチの病状がでる。コレステロールは、電気掃除機のような働きをするのだから、当然の帰結である。まさに、血液を掃除してくれるのだ。身体が日光を合成してビタミンDを生成するのにコレステロールが必要なことは知ってましたか?副腎のホルモンはコレステロールなしではできないことを知っていましたか?そもそもコレステロールの動脈硬化と塩素の関係をあなたは知っていましたか?

コレステロールも高過ぎれば悪いかもしれない。しかし今の日本人の食生活を考慮すれば、ほとんどの人は下げるほどのレベルではない。なのに日本人は喜んでコレステロールの薬を安心代わりにもらいに来るのだ。そんな人に説明する元気はもはや僕にはない。

                                                  転載終わり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017.06.23

    ドクダミ
風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP