塩不足からおこる症状

暑くなってきました。
スポーツドリンクなどを飲んでいませんか?
現代人はミネラルによりさまざまな症状が出ています。
本物の海塩を体に入れて下さい
(転載です)
※精製塩にはアルミニウムが入ってる!?”アルミニウムは痴呆症の原因物質”

塩に関しては絶対に「天日塩」を使うようにすることだ。

「化学塩」は塩化ナトリウムが99%以上なので、これは食用の塩としては使えないのだ。

化学塩になってしまうと、塩辛くなってしまい、その塩辛さが塩分の味などと勘違いしてしまい、

非常に塩辛い食事を好むようになってしまうのだ。

気をつけるべきは、和食は塩をかなり使うので、塩味の濃い食事をする人は、

延々とその塩辛い食事をし続けてしまい、それで腎臓を傷めてしまい、様々な病気を発症するようになるのだ。

しかもこの化学塩にはなんと「アルミニウム」 が含まれているのだ。

(転載おわり)

 

 

(こちらも転載です)
~塩不足から起こる症状~ 

おもらし、ボケ、寝たきり、アルツハイマーは、塩分の薄い血液が原因の一連の病気である

この四つの病気(というより症状だが)は日本人に最も多く、しかも年々増えている。

この病気は、最も厄介な病気の一つで、本人はもとより、家族を巻き添えにするという点では、悲惨でさえある。看病する人は、文字通り二十四時間をこのために奪われて、自らの人生を犠牲にしている。患者一人に対して二人(一人は医療関係者)の人手を要する。

病人とともに二人が人生を失ってしまうという点では、まさに社会問題でもある。

これらの病気は、いうまでもなく。“塩とるな”のキャンペーンのための塩不足症でしかないのである。老人は、生命力が衰えているので、若い人より多くの塩分を必要とするのに、逆に「塩分控えめ」というまったく反対の指導をしているのである。

もしも、八十歳以上でピンピンしている老人の日常の食事を調べてみれば(これが実地検証)ビックリする程塩分をとっていることが分かる。

●人間の生理の理解があれば、“オモラシ”も“寝たきり”も“ボケ”も“アルツハイマー“もなくなってしまうのである。

これは”塩分不足“という、一つの原因から起こる”違った症状“だからである。

 

●過労死なんてのは典型的な塩分不足で、塩分十分ならば、過労死したくとも、その望みは絶対にかなえることはできない。

 

●″会社ストレス症候群″といわれているさまざまな症候がある。出社拒否症、出向拒否症、帰宅恐怖症、管理職症候群、海外勤務症候群、人事異動症候群など後から後から生まれてくる。何という。″ひ弱″な症候群だろうか。これでは会社勤めなどできないではないか。

このような症候群をハネ返すのは、塩分を十分にとる以外にはあり得ない

 

●高血圧の原因は、肉食過多、精白米食による血液の酸性化である。

人間の血液は、酸性になると暗赤色の粘っこい状態となり、毛細血管の中に流れこみにくくなる。

そのために心臓の圧力を高めて毛細血管の中に血液を送り込んでいる状態が高血圧である。

酸性の血液をアルカリ性にするには強アルカリである塩をとればよい。

これで鮮紅色でサラサラの血液となり、毛細血管に血液を送り込むのに高血圧を必要としなくなる。

だから血圧が下がるのである。その実例は既に紹介済みである。

 

●糖尿病の治療には、何をおいても白砂糖、果物、甘いもの、生野菜を絶ち、塩分を多量に補給して血中塩分濃度を高め新陳代謝機能の回復を行うのである。

これは、極めて短期間に急速な回復を見せる。

糖尿病の治りが早いのは驚くべきものである。偉大なるかな自然治癒力!

 

●自然塩をとると、血圧は見事に、しかも急速に下がってゆく。

例外は一つもない。

自然塩は高血圧を下げるだけでなく、低血圧は上昇して正常血圧になる。

この、一見不可解な現象も、人体生理を理解していれば不可解でも何でもなく、当たり前のことなのである。

このことは後にもう一度触れることとする。

ところが、精製塩(塩化ナトリウムの純度が九九・五㌫のもので、食卓塩がこれである)をとると血圧が上がる。

多くの人が体験していることである。

これは、精製塩というのは食物ではなくて有害な”薬品”だということである。

 

 (笹谷さんより転載)
 13432338_1063151140406958_5338115612539608298_n

生きる力って、すごい!「天日海塩750」が支える。
年配者やお年寄り、本当に弱っています。
なぜだと思いますか?

寝たきり どうしてそうなっているんでしょうか?
単なる「お塩」が不足しているだけなんです。
クスリより、ずーと、安全だし、いいと思うよ。
自然のお塩なんだよ・・・・
まさか、海水浴が、ダメだなんて、思っていないよね。
同じことを、「塩分控えめ」って、言っているんだよ。
さー、勇気を出して、やってみるといいよ「天日海塩」

健康になろうと思って飲んでいる「クスリ」で、ボロボロ。
「血圧・高血圧・血圧が高い」って、飲んでる「クスリ」。
病名つけられて、飲んでいるクスリや、湿布で、そこそこ、
命つないで、ボケて、介護が必要で、しまいには寝たきり。
「塩分控えめ」「薄味」減塩で、お塩不足で消化不良状態。

===頑固なおじいちゃん 復活 物語===

頑固なじいさんに頑固なじいさんに
天日海塩を使って、足湯をさせました。
塗り薬も止めさせました。三日でこんなに変わりました。

続きは、ブログで、お読みください。

http://50goen.jugem.jp/?eid=72

===頑固なおじいちゃん 復活 物語===

===================
===================
正食と人体より 参考にどうぞ

http://50goen.com/aitikura444.html

■寝たたきり老人がアッという間に

●第一話
出張中の宿泊先のホテルにM社長から緊急の相談の電話が入った。
M社長の奥様の九十二歳のご母堂が老衰で、
医師からも身内の人にそれとなくお別れのお見舞いをしておくようにといわれているが、
奥様が「何とかもう一度丈夫になってもらいたい。何とかならないか」ということで私への電話での相談である。
私としても、「それは無理では……」と思ったが、とにかく打つ手だけは打ってみようと、
処置のアドバイスを申しあげた。
〝自然海塩を足の裏にスリ込む〟ということである。
「シーツがぬれないように何か敷物をして、
お湯に浸して温かくしたタオルで足首から下をよく温め、
足の裏をお揚でぬらしておいて自然塩をスリ込む。
へちまか亀の子たわしで軽くこすること。
力を入れると皮膚を傷めるから軽くて良い。
塩の浸透力で体内に塩が浸透していくからだ。
スリ込む時間は五分~十分、それ以上ならなお良い。あ
とは、塩分の強い飲み物と食事をとらせること。
塩のスリ込み回数は一日何回でも良い。
薬ではないのだから、過ぎるということはないから心配する必要はない」
と、たったこれだけである,
三~四日後の連絡の電話では、一日一日元氣気が出てきているという。
そして、塩をもっとスリ込んでくれという患者の希望である。
スリ込んであげると「気持ちがいい」といわれるという。
しばらくして、「とても元気になった一というお電話があり、
濃い目に味付けした〝煮込みうどん〟を喜んで食べておられるという。
私は「それはスゴイ食物だ。塩分補充の最良の方法の一つだ」と。
たちまち丈夫になったご母堂に、肩すかしを食ったのは親戚の人々だった。

 

●第二話
友人のT君が田舎の八十歳になる母親を引き取った時には、
塩不足のため歩行も杖にすがって数歩歩くのがやっとのことで、その上、おもらし。
体はブタプクにむくんでいた。
ベッドのそばに床上便器を置いたが、自分で起きて何とか用を足せる程度だったという。
食事はT君の家族と同じものだったが、
「塩とるな」のキャンペーンなど気にかけるどころか、
マイペースのかなり塩分のきいたミソ汁や副食であった。粗食である。
三日目ころから母親は動けなくなってしまい、オムツを当ててやらなければならなかった。
全身が痛み、オムツを替える時には、T君夫妻の二人がかりであったが、
腰を少し持ちあげるだけで「ギャー」と叫ぶほど痛がった。これは〝好転反応〟である。
「医者を呼んでくれ」という母親の言葉も聞き流していた。
効果がないことを知っていたからてある。
母親は恨めしそうであったが、知らんふりしていた。
そして、塩のきいたナメミソ、野菜の煮つけ、漬物、メサシなどを食べさせていた。
果物や甘いものはやらなかった。
寝ついてから十日目だったというが、母親が「今朝は気分がいいよ」というのである。
その時は、あれほどむくんでいた顔はムクミが取れて引き締まり、
足もムクミがとれて、やせた老人らしい足になっていた。
体が軽いから起こしてくれというので、起こしてやった。
そろそろとだが一人でベッドを下りて便器で用を足したのである。
その日から一日四~五回の用足しは自分一人で行うだけでなく、
そのたびに便器の周囲を歩き、次第にその輪を広げていった。
一週間たった時、杖をつきながらだが、隣室の茶の間まで歩けるようになった。
さらに一週間、今度は「庭に出たい」という。 T氏は喜んで介添をしてあげたのである。
年寄りというものは、自分が老いたことを認めたからないものである。
「まだ若いものには負けない」と、一人で歩くことも覚つかないのに、
「なに、一人で大丈夫だ」と強がりをいって、一人で歩いて転び、けがをするということになる。
その老人が、欲にも得にも歩けなくなって〝寝たきり″になるのだ。
それは、自然治癒力が「歩いてはいけない。歩くと大変なことになりますよ」という警告なのである。
それを、運動させなければとムリヤリ起こして両側から介添して歩かせる、という誤りを犯しているのだ。
これは歩かされる方では、地獄の責苦にも似た大苦痛なのである。
それを我慢しているのは
「断ったら、あとの介護をしてもらえないのでは……」という思いがあるからなのである。
寝たきり老人を歩かせるのは、老人を苦しめるだけだということをわかってほしい。
なぜ歩けなくなるのか。なぜ塩分をとらせると寝たきりが治るのか。
これは、人間の生理を知っている人にとっては自明のことである。それは後述する。
「お前は、あれもこれも『後述する』といって出し惜しみをしてけしからん」と叱られるかもしれないが、
それは、与えられた紙数の中でまとめるために、やむを得ずやっているのである。
その点でご了解を賜りたいのである。
人間の生理の理解があれば、
〝オモラン〟も〝寝たきり″も〝ボケ〟も〝アルツハイマー″もなくなってしまうのである。
これは〝塩分不足″という、一つの原因から起こる〝違った症状〟だからである。
その実証は、世界三大長寿地といわれるロシアのコーカサス地方、
エクアドルのビルカバンバ、パキスタンのフンザには、寝たきり老人はいない。
正しい食事をとっているからである。
日本でも、長寿地の一つ山梨県上野原町の桐原(ユズリハラ)部落には寝たきり老人はいない。
その桐原も、戦後に〝文明〟が押し寄せて、若い人々の健康をメナャメナャにしてしまっているのである。
そして八十歳すぎの老人が、息子の葬式を出しているのだ。
それは、まさに現代日本の縮図といえよう。
現代文明というものは、人間の健康を破壊してしまうという恐ろしい一面を持っているのである。
「人間にとって、何が幸福なのか」を問い直す必要があるのではないか。
「健康に勝る財産なし」ということがいわれているではないか。
巨億の財産を手に入れながら、病苦にさいなまれ、がんのように鎮痛剤も効かず、
言語に絶する苦痛の中で死んでいく多の人々が大勢いるのだ。
長寿地には、がんも心臓病も、脳出血も糖尿病もゼンソクもないのだ。
がんで苦しみ心臓病で過労死をし、脳出血で半身不随となり、
糖尿病でセックスの楽しみを奪われ、
ゼンソクの発作で〝息〟もできない苦しみをなめなければならない、ということは、
正食党にとってはまったく無縁のことである。.

=================

6月18日       栃木県宇都宮市

https://www.facebook.com/events/849482088516484/

6月19日       栃木県 那須烏山市
https://www.facebook.com/events/1252676161416954/

6月20日    新潟県 燕市
https://www.facebook.com/events/1565560917078145/

6月21日   新潟市

6月24日~8月末  北海道全域

6月24日 北海道夕張郡長沼町 くすりのこばやし主催
https://www.facebook.com/くすりのこばやし-769564216449455/?fref=ts

6月29日 北海道夕張郡長沼町
https://www.facebook.com/events/1792635940966163/

7月9日  北海道新十津川町
https://www.facebook.com/events/1145794012129696/

北海道の皆様、お話会主催をしてください。

お盆明けに、北海道を出発します。

9月以降、全国塩脚を再開します。

===============
随時、天日海塩750の「取扱店」を募集中です。

ーーーーーーー
〖命の大切さ叫ぶ声〗
力にしていくよ 何度も
明日がその10001人目かもしれない…

一万人との出会いを、求めて
===天日海塩750の全国塩脚===
軽トラキャラバン
【減塩打破】〖お塩不足解決〗
天日海塩750 総販売元 ご塩社ゆうばり
北海道夕張市鹿ノ谷三丁目3番地
0123-57-7139
お塩相談電話 080-2386-2421
パソコン版 http://50goen.com/
スマホ版  http://50goen.com/sp/
facebookページ
https://www.facebook.com/osiogoen/
天日海塩ブログ
http://50goen.jugem.jp/?eid=50

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2019.02.12

    施術のご感想
  2. 2019.02.12

    施術のご感想
  3. 2019.02.11

    心のあり方

アーカイブ

風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP