膝に水がたまる

膝の症状でを抜いた事ありませんか?

水を抜いても痛みはとれず、また水が溜まるの繰り返し

原因は関節包の内側で滑膜が何らかの原因で刺激されて炎症を起こします

すると滑膜の毛細血管は拡張し、血液の滲出が増加し関節液が多量に生産されます

この時に、滑膜細胞のヒアルロン酸は増加しないので、関節液(滑液)の粘り気は無くなってきます

これを皆さんは、滲出液を指してと言っているのです。

滑液は関節の潤滑油でもあり関節運動を助けると同時に軟骨の栄養源flair.gif

ほんとの原因を取り除かず何回も抜いちゃっていいんでしょうか?

(ケガや関節面の老化などで軟骨が変形などで滑膜を刺激することが多いようです。)

とにかく、滑膜への刺激や炎症がとれない限りははいくら注射器で水を抜いても、叉関節液は溜まってしまいます。

病院へいくと必ず「老化」「太っているから、もう少し痩せなさい」などと言われる方が多く、湿布のみの対応

痛みのほとんどが大腿四頭筋の緊張や関節のかみ合わせの悪さからきており、たとえ症状により手術をしたとしても

原因が取り除かれていなければ叉痛みます。

その他、膝の痛みは、変形性膝関節症・半月板損傷・オスグット症などが上げられます

こちらは、さまざまな膝の症状にも対応致します

ご相談くださいませ。

 

関連記事

最近の記事

  1. 2017.10.12

    玄米パワー
  2. 2017.10.8

    宇宙意識へ
  3. 2017.10.2

    施術のご感想
風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP