携帯電話は注意!電磁波・ブルーライト

スマートフォンの青い光は危険sign01.gif

私は、暗い部屋でスマホは使いません。

電磁波が凄いので枕元には絶対置きません。

長時間話す時は、イヤホン使います

アイパットやスマホなどのタブレットを平気で小さな子どもに使わせる親御さんがいますね。

親のしぐさをマネして耳にあてて遊んだりbearing.gif

お願いだから触らせないで下さいよflair.gif

失明の危機!

どれだけ危険なのか知って頂きたい!

※るいネットさんより転載

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=326404

ピッツバーグ大学がん研究所の『10の予防的手段』
1.子どもに携帯電話を使わせない。胎児や子どもは、大人より電磁波の影響をはるかに受けやすい。
2.通話は、端末を身体からできるだけ離す。身体から6センチ離せば電磁波の強さは4分の1。スピーカーフォンやヘッドセットを使えば、100分の1以下。
3.乗り物の中で使用しない。他の乗客に電磁波を曝露させることになる。
4.携帯電話を身体に密着して持ち歩かない。枕元に置くことも止める。特に妊娠中は厳禁。
5.携帯の「向き」に気をつける。操作キー面を身体の側に向けると、電波が身体を透過する割合が減る。
6.通話は短く。長くなればなるほど、身体への影響が大きくなる。
7.あてる耳を右側、左側と交互。相手が電話に出てから端末を耳に近づける。
8.電波の弱いところや高速で移動している場合などは、通話しない。基地局とつなげるため、最大出力の電波を頻繁に出すことになるから。
9.通話でなくメールで。
10.SAR値(※)の最も小さい機種を選ぶこと。※SAR値…人体に吸収される電磁波熱量の基準値。 

 

(こちらより一部転載↓)

https://www.davidwolfe.com/3-reasons-stop-using-smartphone-night/

1.目の損傷
夜間の「青色光」の暴露は、 網膜および黄斑変性症。黄斑変性とは、中心視力の喪失またはあなたの正面にあるものを見る能力です。

2.睡眠喪失
上記のように、「青い光」はメラトニン産生を妨げる。メラトニンは体の睡眠サイクルを調節するホルモンです。適切に調節された睡眠サイクルがなければ、必要な睡眠を十分に得ることができません。睡眠不足や睡眠不順は、健康上の問題があります。

3.がんのリスクが高い
夜間に光が増え、睡眠障害が発生すると癌の発生率が高くなります。乳癌や前立腺癌では特にそうです。「青い光」によって抑制されたメラトニンは、抗酸化物質でもあり、身体と癌との自然な戦いに不可欠であることが示されています。(ソース)

基本的に、メラトニンは体がガンと戦うのを助け、「青い光」はこの生産を減少させます。1回の中断は重大な問題ではありませんが、寝る前に数時間電話を使用する人がいます。彼らは毎年このようにしています。Overtime、これは、上記の問題を追加して作成し始めます。

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 2017.08.24

    施術のご感想
  2. 2017.08.24

    施術のご感想
  3. 2017.08.20

    施術のご感想
風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP