備えましょう!

◎豊橋市で腰痛・骨盤矯正・ぎっくり腰・姿勢矯正・肩こり・頭痛なら

~自然療法&ヒーリングサロン 整体院E-Relaxへ~

西日本豪雨、先日の台風、そして今朝の震度6強の北海道の地震によって被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます

西日本豪雨で岡山・広島・愛媛で多くの住宅が床下・床上浸水となり避難所生活を余儀なくされただけでなく多くの命が失われました。

そして先日の台風の影響によって近畿はいまだに28万戸で停電となっています。

そして今日、北海道での震度6強の地震がありました。

今後何があるかわかりません。

日本は全国に耐用年数を超えた54基の原発があり、そして九州東部から長野県諏訪湖の方に向かう日本最大級の活断層である中央構造線があります

※ウィキペディアさんのサイトより

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%B7%9A

日本だけでなく今世界でも異常気象が起きています。

普段から私が見ている地球の記録というサイト

https://earthreview.net/

他人事と思わずに日頃から備蓄しておくことflair.gif

全国が水害や地震によって被災地となっており今後お米や野菜など高騰するでしょうし、手に入れる事が難しくなるかもしれません。

日頃から準備している人はオッケーですが、していない人は生き残る事ができないかもしれません

それぐらいの危機感をもって頂きたいです(家族を守るために、常日頃から準備をする事!)

言ってもやらないし「まだ作ってませ~ん」の方も多くいますが、後悔しないように。

原発があるので被曝する可能性があるからこそ味噌を作って!とお客様に言っているのです

味噌ができるまで10ヵ月かかります(私は自分と我が子の為に作ってます)

昨日までアタリマエに買えていた物が一日でなくなってしまうのですよ!

停電で真っ暗になってしまうと動けません(足をガラスでケガする可能性もありますから靴を置いておくこと)

FBの情報、役にたちますので今動けるうちに懐中電灯と電池を購入しておきましょう!!

FB:https://www.facebook.com/anpoiyaiya/photos/a.490459401123207/1117138601788614/?type=3&theater

※ヤブキレンさんより転載します

FB:https://www.facebook.com/ren.yabuki/posts/1918036504932848?__xts__[0]=68.ARDD43ot1bcnOPSyiO1QrXsDLWQDA53DlYf6S4-ccmXGnKz83_-oSOd3tVCK7VtnE8x6Cia0cYM6PhsG_yiT_svairRHbMgwI_vYS1OoVYG6jDp4pnpzIEi8ApFdCNhUxOdevnrPLmiRPvHTaYV1Qa5UyCpv9H61etJyh-9lONwZcisY2vBstw&__tn__=C-R

【拡散希望】
北海道のLIAのメンバーに自衛隊方面から連絡があり、以下の情報を北海道の方に伝わるようにしてほしいとの事です。
ーーーーーーーーーー

熊本地震は翌日が本震であり、東日本大震災でも2日前に震度6弱の地震が起こりました。 

横ずれ断層形の地震は東日本大震災、熊本大震災と同じパターンで、今回の北海道の地震は余震の可能性も大きいとのことです。

48時間以内に本地震が来る可能性が非常に高い旨、益々注意しなければなりません。

・これから、断水が懸念されるため、鍋、やかん、風呂などに水をためること。

・備蓄食料として、南海トラフと同様1週間分の備蓄が必要。

・高所にあり落下すると危険そうな物は床に下ろす等の対応を。停電しているので、避難する際にはブレーカーを落としてから避難すること。

・一緒に生活している動物たちも必ず連れて避難すること。

・電気が復旧した際に、痛んでいる電線から発火の可能性あり。ガスの元栓も締め、十分に注意すること。

※石垣稔さんの情報より転載します

FB:https://www.facebook.com/minoru.ishigaki/posts/1869842613103054?__tn__=K-R

——————————————————
*気象操作の現実が意味すること
——————————————————-
日本ではほぼ伝えられることはありませんが、氣象現象を人為的に操作する「氣象改変装置」が存在することは世界でも常識の話です。
 
2011年7月11日の衆議院・東日本大震災復興特別委員会にて、当時復興担当政務官であった浜田和幸議員が「地震兵器とか、自然改変装置というのは、多くの国々が研究開発に余念無く取り組んできた事実があり、地震、津波を人工的に起こすことが技術的に十分可能と言われているのは、国際、政治、軍事上に置いては常識化されている。」と答弁したことを記憶されている方も多いと考えます。

「人工地震」「世界」「常識」などの複数キーワードで検索すると、当時の答弁の様子を確認することもできます。
 
また、実際に特許が申請されているケースも多くあります。
これも、「気象改変装置」「特許」などの複数キーワードで検索すると、その一端を具体的に確認することができます。
 
これらのことから、実際に台風などの進路を変える技術があることも十二分に想像できます。例えば、アメリカの ARCO Power Technology Inc. という企業が所有する特許には、ジェット氣流に干渉し、氣象を操作する技術が存在します。
台風の進路がジェット氣流に大きな影響を受けるのは氣象学上の常識です。
 
このように、現在では、ほぼ全ての氣象現象を人為的に造り出すことができますが、「造り出すことができる」ということは「消すこともできる」ということであり、当然のことながら、台風のようなものは進路を変えることもできます。

これらの技術を中心的に所有しているのは、民間企業に他なりません。
 
 
▽出来ることを行わない大企業の本質
 
多くの人命や財産、さらには農作物や伝統的な街並み、自然、風景などに対し、大きな被害が予測される自然災害が目前に迫った時、「出来ることを行わない」という大企業の姿勢から読み取れるのは、「これらの技術は、常に特定の既得権者の都合でしか利用されない」という現実であり、「科学や技術の進歩は、世界を平和に導き、安寧を与えるためのものでは決してなく、人々を不幸に導き、特定の既得権者のみが利権を貪るために存在する」ということです。
 
今年の7月に西日本を襲った「平成30年7月豪雨」は、平成の時代で最も最悪の被害をもたらしました。被害地域では、未だにその大きな爪痕が残されています。そこに追い打ちをかけるように、「非常に強い台風(9/3、3時45分現在)21号(チェービー:韓国語で燕の意)」が接近しています。日本気象協会では、「今年最強の勢力で上陸の恐れがある」として注意を呼びかけています。
 
昨年の台風21号(10/16 発生、10/23 上陸)は、1991年以降の台風で初めて超大型の状態で上陸し、各地に大きな被害を与えました。今回はそれを超える勢力で上陸する恐れがあります。
 
巨大な自然災害は、今となってはカネの亡者に成り果てた大企業群にとって、最も都合が良い “ スクラップ・アンド・ビルド ” の状況を創出します。各地の生活を再建することを建て前とした巨大な再開発が行われ、そこには巨大な利権が蠢(うごめ)きます。
 
 
▽企業の内部留保から見えること
 
過去最大の記録を更新し続けている、大企業を中心とする「内部留保」の額は、2017年末時点で 417兆円に上ります。6年連続で過去最大を更新し続けている日本の一般会計予算は、2018年度で総額 97兆 7,128億円であることから、その異常さが際立ちます。
 
この「内部留保」は、景氣低迷で喘(あえ)ぐ市民生活とは裏腹に、この4〜5年だけで100兆円を超える額が上積みされています。つまり、乱暴に言えば、多くの一般市民は大企業を肥え太らせるための後押しをし、自らの生活は困窮の一途を辿っているとも言えます。
 
今後、さらに予測される多くの自然災害(出来ることを行わない意味では「人災」であるとも言える)に際し、これらの企業群は、さらなる内部留保の積み立てを行うことが推測されます。

日本が非常時を迎えたとしても、「ここまで自社を育ててくれた日本と多くの人々の救済のために今こそ内部留保を有効に使おう」などと考える大企業はほぼ存在しません。「非常時だからこそ、新たな需要が増え、またも企業利益が倍増する」とほくそ笑むのが現実です。
 
対して、巨額の負債を抱え、緊縮財政で維持せざるを得ない国や自治体などの公的機関は、いずれは破綻を来します。その時、国や自治体などの運営に名乗りを上げるのは、こうした企業群となる可能性が否めません。

その結果、市民生活はさらに混迷と困窮の度を極めます。
 
 
▽世界はどこに向かっているか
 
1980年代半ば頃に、「ニュー・パブリック・マネジメント(NPM:民間企業の経営手法を公共サービスに取り入れること)」という概念が誕生し、以降、「公設民営(国や自治体が施設を設置、運営を民間が行うこと)」や「指定管理者制度(公の施設の管理・運営を民間が代行すること)」、「公共サービスの民営化(郵政民営化など)」をはじめ、現在では公共サービス(水道事業など)を民間に切り売りすることも平然と行われるようになってしまいました。
 
その結果は失敗と考えられるケースがあまりに多く、その都度、これまでに存在していた市民生活の利便性や整った社会制度など、多くのものを失ってきました。
 
TPP の準備がすべて整ってしまった日本では、現在大手を振るっている日本の大企業群、そのすべてが次第に巨大な外資系、多国籍企業に呑み込まれて行きます。ここで最後まで生き残ることができる日本企業は存在しないと言っても過言ではありません。大企業の経営陣ですら、この現実を理解していません。そしていずれは、ほんの一握りのグローバル企業が、この国を動かすようになります。
 
このような大企業による社会支配のことを「コーポラティズム」と呼び、コーポラティズムの思想は、歴史上、ナチズムやファシズムを誕生させました。
 
 
▽備えは自分たちの力で
 
このように、「気象操作の現実が意味すること」は、日本と世界の現実であり、向かっている社会の姿そのものです。
 
未だに、気象改変装置などというものはあるわけが無い、と信じている方は、ぜひ、ご自身の手でこの世界の現実を調べて見てください。そして、なぜこれらの技術の存在が伝えられることがなく、また災害防止のために有効活用されることがないばかりか、世界中でこれまでに経験がないような大災害が相次いでいるのかについても考えて見てください。
 
そして、自らの力でこの猛威に立ち向かうしかない現実を再確認してください。私たちに残された時間は、そう多くはありません。社会は確実に「誰かの都合が良い方向に」変化を遂げています。

そして、この社会の現実から大切な家族や仲間を守るひとつの方法は、自分たちの力で信頼できるコミュニティを創り上げていくことです。ひとりより二人、二人より三人、それほど大人数でなくとも、確実な信頼関係で結ばれた人間の力は、確実に大きな力となります。
 
今後、一層、対立と分断の罠も増えて行きます。そこに陥ることなく、困った時は互いで出来ることをして支え合うことが重要です。
 
まずは今回の台風への備えを万全にし、さらなる自然災害と呼ばれるもの、人為的に引き起こされる脅威への備えも考えておく必要があります。この冬は、これまでにない寒波の到来なども予測されます。

何事も、まずは備えがあれば憂い無しです。
そして、備えても油断せず、常に社会で起きている必要な情報(すべては必要ありません、情報は判断できる材料が最低限あれば十分です)を入手し、観察し、自らの意志で考える癖をつけ、いざという時には素早く判断し、行動することが大事です。

***************************************************************************

頭痛・首痛・むち打ち・寝違い・頸椎ヘルニア・眼精疲労・肩こり・四十肩・五十肩・野球肩・手のしびれ
・腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・背中の痛み・脊柱管狭窄症・すべり症・坐骨神経痛・股関節痛・
尾てい骨痛・膝痛・手足のしびれ・O脚強制・足のむくみ・オスグッド・半月板損傷・更年期障害・側弯症
冷え性・生理痛・生理不順・不眠症・メニエール・便秘・倦怠感・スポーツ障害など・・・
住所 愛知県豊橋市佐藤4丁目36-14
自然療法&ヒーリングサロン
整体院E-Relax
●0532-35-6507
●営業時間 :10:00~19:00
●定休日 :日曜日(日曜日しか来院されない方も対応致しますので、いつでもご相談下さい)

※さまざまな症状による実績と経験のある女性整体師が対応します
(ご予約、問い合わせはお電話でいつでもどうぞ)

※様々な症状の方が改善されております

********************************************************************

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 2018.12.6

    クエン酸

アーカイブ

風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP