子宮頸がんの患者は、がん検診によって作られる

 

「市民団体 No More ワクチン」さんより転載させていただいております。

※参考になさってください

   
   

 

「細胞診」の段階で「50倍の過剰診断」が生まれている。子宮頸がん患者が増える→ワクチン推奨は、【自作自演】・・・・・・・・・・・

特にG○○は、某女性タレントを使い、「20代の女性に子宮頸がんが増えている」と言わせています….ウソです。

「健診」によって、「がん」患者が「作られて」しまうのです。 「作られて」いるというといかにも人聞きがわるく、「意図的」にそうしているようにとられますが、そうではありません。

 まず、もともと「がんはあいまいなもの」(下に紹介した福島氏の表現です。とてもいい表現と思います)であるということから始まらなければなりません。 「あいまいなもの」に、不適切な方法で無理やり線を引くものだから、「沢山の過剰な診断が生まれる」、ということなのです。

 中略 子宮頸がん検診の場合は、触診、視診と、細胞診からなります。

細胞診は無条件にすべての対象者の子宮頸部の粘膜を拭い取って細胞を採取し、染色して顕微鏡で観察し「がん疑い」をつけるものです。

せっかく視診、触診をしておきながら、細胞診に主役を明け渡します。 肉眼的に異常と思われる塊が無ければそこで止めるべきなのです。細胞診を行うために混乱に入っていくように見えます。

 中略 ヒトパピローマウイルスの感染で細胞の形、核の形が変わります。 細胞診に拘りますと、これらの変化を悪性ととらえますから、診断が混乱します。

数学的な表現を使えば、さらに分散を大きくする要素を取り込んでいる、ということになります。

HPV感染が起こって核の形が変わってしまっていても、実際にがん化するのが2%だとすると、細胞診の段階で50倍の過剰診断が生まれることになります。 ・・転載ここまで・・・

 要するにこういうシステムです。簡単に言えば、子宮頸がん検診→ワクチン【自作自演】です。  

子宮頸がん検診を無料化し、多くの女性に検診させる  

  ↓

 がん検診で、過剰診断して、数字上、がん患者を増やす 

   ↓ 軽いと診断                                                 ↓   重いと診断 

簡単な手術 (がん患者としてアカウント)     抗がん剤投与で、抗がん剤で死亡(死亡者としてアカウント)

   ↓  

がん患者や死亡者が増えているからと、 ワクチンを推奨する    

   ↓  

ワクチン接種すると、かえって、身体の免疫力が落ちる そして、がん検診で、がんだと言われる。   

   ↓  

がん患者の増加 実は、想像上では、こうだろうと思っていました。

(分析したデータを探していたのですが、今日、見つかりました。)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017.11.8

    チャクラ

アーカイブ

風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP