日本脳炎情報

 

医師向けの「予防接種ガイドライン」(2011年度版)では、
「豚間での流行は。毎年6月ごろより始まり、(中略)約80%以上の感染を示」し、「感染者100~1000人に一人が脳炎を発症」し、「かつて好発年齢であった幼児、学童は、予防接種対象年齢にあたっており、現在はほとんど発症が見られなくなった」と、日本脳炎の予防接種の必要性について述べています。

戦後の混乱期には数千人規模の発症を繰り返していましたが、1960年代の後半から激減し、最近の20年間は毎年ひとケタでそのほとんどが高齢者、二十歳未満の若年層では0~2人で推移しています。

日本脳炎は人から人に伝染せず、周りの接種率が高くても、蚊に刺されたその人に抵抗力がなければ、発症するはずですが、積極的勧奨差し控えのあいだのほとんどの年で、若年者の発症はありませんでした。

毎年の患者発症率はほぼ0で自然感染しても発症せずに抵抗力をつけているのが現実です。

日本脳炎ワクチン被害報告書より

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017.07.7

    日本のお役目
風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP