体の痛みのメカニズム

すべての生きとし生けるものは体の中に生命活動を維持するシステムが備わっています
東洋医学で生命活動に必要とされる三要素は「気・血・水(体液)」です
「気・血・水」は全身に運ぶ気血の通り道を経絡(体内のネットワーク)といいます
生命エネルギーである「気」が体内をめぐり、血液や体液を全身の隅々に行きわたり栄養や酸素を運びます。
もしも経絡の流れが滞りますと「気・血・水(体液)」の流れが滞り、消化・吸収・排泄機能が低下し内臓不調によって未病の症状が現れます

”原因は内臓不調”から
“体のシステムの根本原理”を知って“未病予防”

その為には体の歪みや血流の滞りを改善させるケアをしなければなりません。
ただの肩こり・腰痛・下痢・便秘・ただの疲れと思って放置しておくと、いつしか原因不明とされる症状や女性・男性特有のお悩みやぎっくり腰や椎間板ヘルニアやその他の症状・病気で悩まされることになりかねません
全ては生活習慣病であり、五臓は互いに影響しあっています
※女性は7倍数で35歳から老化がはじまり、男性は8の倍数で40歳から老化が始まります
※すべては不調の原因は肝・心・脾・肺・腎の経絡のエネルギーラインの滞り・冷え

東洋医学理論では3つに分類されています
自然界にある邪気が侵入する外因(気候の変化による温度差など)
精神的な変動にかかわる内因=喜怒哀楽の情緒不安定=免疫力の低下・消化機能低下・活性酸素の増加
その他の原因を含む不内外因(食習慣・運動不足・過度の労働、、、)
不快な症状・病気・精神的な気の病へと変化していきますが、消化器官(腸)があなたの感情も健康も思考もコントロールしています

長く一日中座る仕事は脾を痛める(四肢と筋肉を司る)
長く一日中立ち仕事は腎を痛める(腎は骨を司る)
長く寝て動かないと肺を痛める(肺は全身の気を司る)
その他(外傷・運動不足・日常の生活習慣・不摂生からくる内臓不調・睡眠不足・体の歪み)
夜昼逆転の生活は内臓修復されず、古いお血(汚れた血液)がずっと体内を巡ります。
代謝が悪くなり血流やリンパ液の流れや呼吸に影響し“気が停滞”する原因となり全ての身体機能低下へ

※消化器官とは口も含め・胃・小腸・大腸・肛門までの事!
※よく噛まないと消化吸収できず、未消化のまま便として排出される!
※消化器官が弱っていると体に良い物を食べても消化吸収できない!
消化不良で体は酸化してしまいます
津液とは=(涎(よだれ)・涙・唾液・滑液・髄液など体内における血以外の水分で身体に潤いや柔軟性を与えます(小腸や大腸で作られる)
何度も書きますが「体が歪んだ状態」は気・血・水の滞り、内臓不調の状態です

 

息が上がるほどの有酸素運動(ウォーキング2,30分)
ランニングは食欲増進させ老化を招くほどほどに
痩せるためには「下半身を鍛える:スクワット」
エネルギー代謝を上げるためには運動は午前中がベスト

7時から9時までの間は胃のエネルギーが集中している時間帯
軽食(パン・ヨーグルト・バナナ・コーヒーのみ)は咀嚼せず消化酵素が使えず胃が空回り
栄養が各臓器にまわらず疲労の原因(体内時計に合わせる事)
そして排毒を意識した食事を摂ること

自然のリズム・月のリズムと同じように人体のリズム(体内時計)の周期や時間に合わせて生活しなければいけません
夕方以降、健康のためにと両手足を動かす激しい運動は逆効果であり体調不良を招きます
夜遅くまで出歩くのは「先天の気のエネルギーを浪費」でしかない。
運動するなら午前中であり、午後から夕方にかけて陰の気が増えていきます
夜は体を休めて体を修復する時間帯、宇宙の基本原理は陰陽五行説であり、この原理に従って生活すれば人は健康を維持できるとされています
できれば11時までには休まないと、大切な体の血液のデトックスができませんよ

 

風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax



豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP