命の絆の法則とは人生への道しるべ~潜在意識の扉を開く~

今の世の中、人間関係・鬱・離婚・家庭問題・いじめ・リストラ・嫁姑問題・引きこもり・結婚の縁がないなど誰もが多くの悩みや不安を抱え生きています
健誠立命(命の絆の法則)はそんなお悩みに対応できる唯一の鑑定となります
人は誰でもこの人生の中で解決しなければならない宿題を神様と約束して今世生まれてきています
多くの占い師の方々は頭の中が空っぽで自分が得をするという事を基準としていますので相談しても意味がありません
なぜなら背負っているものが違い、生き方も運命も何のかもが違い基礎となる本来の教えを理解していないからです

■九星気学によって運勢を知る
誰にでも生年月日があり(一白水星~九紫火星までの組み合わせ)9年サイクルとなっています
今年は五黄土星の年、生年月日からあなたの星の組み合わせを調べどのような人生の負担を抱えているのかを調べます
九星気学は運勢や運命を導く4000年の歴史ある運命学であり自分の運勢は本命星と月命星で観ていきます
運命は運ぶ命と書きますが、気づかなければその通りの運命となってしまいますが、運命は変えられます
その為には想いをを変え「〇〇〇をすると決めた!」と決心し行動すればそれでよいのです
師は代々気学をやっていた五代目、息子さんの代で6代目、本来の神道とは何かを教え養成する鑑定をしております
私もいろいろと学びましたが、一個人の鑑定だけでは何の意味がないことを悟りました。
いつかどこかの顔も知らない先祖や親の生き様が子や孫にまで影響するという事を
生年月日や命日は、先祖や親兄妹の生きた人生を教えてくれるための人生の道しるべであり全てが隠されていますので家系図と照らし合わせて解読致します
誰でも先祖の負担を背負って今を生きています
また誰でも大なり小なり悩みがあり、その悩みの回答は心の中に存在しているのです
大切なのは自分の立場と順序を理解し、そして心の在り方を変える事
健誠立命(命と絆の法則)はこれまでの運命学にはない鑑定方法です
宿命とは宿った命であり過去であり体験済みの事、きっとあなたは自分の代で気づき潜在意識の扉を開ける事ができます。
■家系とはなに?
親子であれ夫婦であれ兄弟であれ誰でも前世で出会った人と現世で再会します
人は前世の約束を覚えていませんが「魂は忘れない」「潜在意識は覚えている」から再会したのです
魂は必然的に出会う運命という「赤い糸」で結ばれ、そして二人は結婚し夫婦となります
“全ては必然”であり両家の親にとっては嫁や婿は他人ではなく前世の息子と前世の娘との再会となっています
この地球には78億もの魂が存在しておりますが、”二つの魂が奇跡の再会”をし結婚し子供たちが誕生するのです
九星気学を超えるものが健誠立命(命の絆の法則)であり、本来の生き方を変える為に誕生しました
健誠立命(命の絆の法則)は同じ負担を背負った者どおしが気づく為に結ばれていると説きます
健誠立命(命の絆の法則)は切っても切れない霊糸や絆で結ばれている事を教えます
健誠立命(命の絆の法則)は世の常識が間違いであったということを知って頂きます

■結婚とは
①男と女の出会いである先祖の縁が結ばれる。
②婚姻である夫婦の(結魂)の縁が結ばれる。
③親子の縁である父と嫁・父と婿・母と嫁・母と婿の里帰りの縁が結ばれる。
④兄弟姉妹の縁である義兄弟姉妹の同魂の縁が結ばれる。
⑤結婚によって親戚同士になる契の縁が結ばれる。
⑥子宝の縁である夫婦親子の魂の分け御霊の縁が結ばれる。
⑦子どもの配偶者である父母の先祖の魂の里帰りの輪廻の縁が結ばれる。
⑧孫の縁である祖父と祖母の誠の魂の分け御霊の里帰りの縁が結ばれる。
⑨土地の縁とは両親の先祖の魂が地霊となる産土の大神様の縁が結ばれる。
⑩三軒両隣は地霊である同じ先祖の魂が和合を築きあげる縁が結ばれる。
⑪最後に習慣の縁である表裏一体と陰陽の縁が結ばれる。

このように夫婦として出会う事は、十一の糸口の縁で結ばれているから結婚であり、先祖の縁が結ばれている
兄弟姉妹から従兄弟・再従兄弟はもちろん、何代も前の先祖の魂までも結ばれているのです。
魂の故郷は先祖と先祖が縁組をして丁度いいタイミングで仕組んでおり、お二人は出会い夫婦となっています

千日草の花言葉 『色あせぬ愛』『永遠の恋』『変わらぬ愛』『終わりのない愛』『不朽』

自分の人生を変えられるのは自分、あなたの代で気づいてください
誰にも相談できず悩まれているのであればご相談下さい
また自分を変えたい!学びたい方はご連絡下さい

※当店での運命鑑定料金:1時間5000円

(以下転載です↓)
◆第一回 お試し無料オンライン講座のお知らせ


●無料進呈 (聖カレンダー 1部 ・  問題集 2冊 但し白黒印刷)
一ヶ月で10名の方限定(二ヶ月間で計四回無料講習を受けられる)
●日時: 土曜日・日曜日  13:00~14:00
●ご希望の方は参加日(曜日)をお知らせください。
●問い合わせは、たまご姫物語のホームページでお願いします。
●参加者が集中する時は、お互いの都合のつく日時を再度設定する事があります。
●13:00~14:00の1時間で終了ですが、14:00~都合のつく限り、見学と言う形で参加する事も出来ます。
 14:00~16;30の間は各サポーターの方が勉強会に参加します。(その様子を見学)
●無料オンライン講座の内容
 ・他の占いの世界との違いの話(手相占い・生命判断・タロット占い・九星方位気学等)
 ・九星方位気学との関係の話
 ・etc.
 ・無料オンライン講座での進行具合で、問題集二冊を元に進めます。
  これらの内容を1時間で行う予定ですがすべての講座はできません。
・問題集はたまご姫物語にも搭載してありますので参考にしてください。


※教え指導されているのは神官、地元では有名であり家相も鑑定し、良き時代の教えを今世で復活させようと相談を受け指導されていますのでご安心して頂きたい
明治に入ってから古き良き時代の生き方・考え方、教えが真逆となり今やそれが常識となり言葉は乱れ、日本の生活様式まで変化、また昔はご法度とされていた事が習慣となってしまった。
もはや今を生きる親・祖父母さえも知らないのだから、子や孫達は人生の羅針盤を失いどう生きていいのかわからず不安でいっぱいだろうと思います。
親として、今こそ自然の法則・陰陽の法則をしっかり理解しなければなりません。
健康も家庭も全てが陰陽の調和が保たれる事により平穏無事で生きられる事を理解し、この世には立場と順序・作法があるという事を学んで頂きたい
日本は戦前までは長男が跡を継ぐ家督制度ありましたが、敗戦後憲法が改正され誰が跡を継いでもよいとなってしまいました。
家督制度は一見して封建社会のように見えるが理に叶った法則で、長男が生まれ跡を継ぐことにより、他の兄弟姉妹も子々孫々し命が繋がる事を知って頂きたい
また実際に調べてみると日本の礼法は封建社会であった時代の生活に秩序を与える為に生じたものなので、個人より家に重点を置いていたとの事
秩序とは:物事を行う場合の正しい順序・筋道。その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり。
すべては人間関係から始まり、調和のとれた関係が人の心を和ませ、開き、お互いの信頼関係が築かれるという事を子の親がしっかり知るべきでしょう。


この世は神の作った法則上でしか動かない、この世の法則は基本的には「あの世」の法則と同じ。”新しい生活様式”など通用せず自分達の利益の為に作った造語
古来からの平和だった頃の作法や教えを一人でも多くの方にぜひ知って頂きたい
この機会にぜひ勉強会に参加して下さい
※聖カレンダー(当店でも購入可能です)


聖カレンダーは31日まであり,自動車ナンバーや産まれた年月だけでなく起きた出来事の九星までも分かるようになっています
例えばナンバーが13-56なら一桁にすると6の数字になるので6は一白水星の意があるので聖カレンダーの6日や15日や24日を見てもらうと意味が分かるようになっている。
またうる覚えでも平成30年8月に交通事故を起こしたが日にちが分からないと言われた方でも平成30年8月は八白土星月だから7日や16日や25日の聖カレンダーを見てもらうと事故を起こした出来事の原因が分かる。
このようにして聖カレンダーを活用してもらいたい。
全ての出会いも出来事も必然であり、この意味を理解すれば心が変わり運命も変わるはずです。
健誠立命では、五黄土星は本家と見なし、令和4年度は五黄土星が定位置に戻る年になる。
この年に生まれたり、この年に起きうる悪い出来事は、本家を長男以外が継いでいる家系、子が出来ずに絶えた家に養子や養女に入り、養父母を祀っていたりする家系、
他の姉弟が近くに住んで親孝行をしていたりして、本家長男を無視している家系にいろいろな禍が起きて気づかせてくれる年。
に見えるが理に叶った法則で、長男が生まれ跡を継ぐことにより、他の兄弟姉妹も子々孫々し命が繋がる事を知って下さい
誠の父親の位は長男にあり、誠の母の位は長男の嫁にあり
1から9の数にはそれぞれに九星が隠されており、それぞれの星には深い意味が隠されています
それは、車のナンバーであったり、生まれた日であったり、起きた日にちであったり、、様々な角度で見ていきます
ご興味のある方はどうぞ勉強会にご参加されるかサポーターである私に聞いてください
この世には偶然はなく全て必然の一致によって起きています
 1 ・・・ 六白金星  の意
 2 ・・・ 七赤金星  の意
 3 ・・・ 九紫火星  の意
 4 ・・・ 三碧木星  の意
 5 ・・・ 四緑木星  の意
 6 ・・・ 一白水星  の意
 7 ・・・ 八白土星  の意
 8 ・・・ 二黒土星  の意
 9 ・・・ 五黄土星  の意
★四緑木星の数の精霊は 5 です。
5日  → 5
14日 → 1+4=5
23日 → 2+3=5
★六白金星の数の精霊は 1 です。
1日  → 1
10日 → 1+0=1
19日 → 1+9=10 → 1+0=1
★二黒土星の数の精霊は 8 です。
8日  → 8
17日 → 1+7=8
26日 → 2+6=8

気づく事で大難が小難となります
知らない事は山ほどある、自分が無知の知であることに気づきましょう
来年癸卯の年です(師の教え)

★詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

                              

 

 
 
 

 



豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP