向精神薬

 

向精神薬を飲まれている方の病名は、何の根拠もなく、先生の気分によって病名が決められています。

だから、あなたは鬱でもなければ、パニック障害でもなけば、統合失調症・・・・でもないのですよ。

生きていればさまざまな事がおこります。

しかし、乗り越えられる壁であるからこそ、あなたに起きた訳でありそれをどう乗り越えるのか?という事を試されているのです。

薬を飲んでも問題は解決しません。

今まであった出来事は過去であり、今のこの瞬間を楽しむ事が次につながるのです。

薬は、石油で作られており、それが体に良いわけがありません。

自分の人生に責任をもち、思いと言葉と行動で、明るい未来を開いて下さい。

もともと、私達はそういう能力をもっているんですよ。

※市民の人権擁護の会の方の資料から引用です

うつ病にせよ、双極性障害にせよ、統合失調症にせよ、注意欠陥多動性障害にせよ、不安障害にせよ、パニック障害にせよ、これらは全て精神科医たちがねつ造した造語です。
実態などありません。

心の風邪だの、心のバリアフリーだの、ゲートキーパーだの、早期介入だの言っている彼らがその実態を知らないのです。あるいは定義など存在しないと言っているのです。

病名だけが一人歩きしている…、そしてそれにだまされ続けている限り、私たちは精神医療の犠牲となり続けるのです。

病名を捨てましょう。 何故なら全く価値のないたわごとだからです。

今後、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断された人には、こうした薬が処方されることとなります。

・その薬には 「有効性が確認できません」 という表記がされています。
・その薬には 「服用により自殺するリスクが6.4倍高まる」 という趣旨の文言があります。
・その薬には 「処方に際しては患者や家族にリスクを十分に説明しなさい」 という旨の文言もあります。
・その薬には 「約70%の可能性で副作用に見舞われる」という治験結果があります。
・その薬には 「およそ100もの副作用が発生」します。
・その薬には 「もともとの疾患が悪化する(基礎疾患の悪化」 という旨の表記もあります。

これらは、ぜ~んぶ、医薬品添付文書(公式の効能書き) に書いてあります。

・パキ〇ル(グ〇クソスミスクライン) 年間約123万人が服用

・ル〇ックス(ア〇ヴィ) 年間約85万人が服用

・ジェ〇・ゾロフト(ファイ〇ー) 年間約60万人が服用

しかし、ことの本質はこうです!
「PTSDとは病理学的な定義を持たず、それは単に医学的に見せ掛けられた治療(つまり犯罪)によって人々を麻薬同等品に陥れるために作られた、邪悪な造語である」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017.11.8

    チャクラ

アーカイブ

風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP