唯一無二の私という存在

精神的ストレスで多いのが人間関係での悩みです

自分を評価され否定され自信をなくしてしまう

落ち込んでしまったまま、ずっ~とネガティブな感情に浸って抜け出せないでいる。

世の中にはいろんな方がおります。

「自分のほうが上」と思う心を「うぬぼれ」といいます

●「慢」⇒自分より劣った人を見た時、相手を見下す心

●「過慢」⇒同じレベルの相手に対して自分の方が優れていると威張る心

●「慢過慢」⇒自分より優れている相手に対して、素直に事実が認められず相手の欠点を探して「私の方が上」と思う心

つまらない事で落ち込まなくて良いのですよ

貴方(私)は唯一無二の存在であり、ご先祖様から最高のDNAを受け継いだ結晶の塊flair.gif
それが自分という存在ですshine.gif

自信を取り戻し、本来の自分を取り戻してください。

キレイな物を見て触れて、好きな事や得意な事をして楽しみ波動を上げましょ

◎他人の評価

「今日ほめて 明日悪く言う 人の口 泣くも笑うもウソの世の中」一休宗純の歌
その人の都合によって変わる
今日までは「あなたいい人ね」と褒めていても、都合が悪くなれば「そんな人とは知らなかった。騙されていたよ」と途端に態度を変え悪口を言いだすのが他人なんだよという事。

良い人、悪い人の基準は何かと言えば、それを言う”人の都合”
自分にとって都合の良い人は”いい人”に思えるし、都合の悪い人には”悪い人”に思えてしまう」

「他人の評価に惑わされてはいけない」
無理して良い人を演じようとするのは無意味であり疲れるのだ。
「ブタは褒められてもブタ、ライオンはそしられてもライオン」という格言がある
褒められようが、けなされようが、あなたの価値は少しも変わらない。
”相手の都合で見方は変わるけど、私は私”

私がココにいて、周りに5人の人がいれば5人の私がいる
お金も同じく1万円札が一枚あったとして、そこには見ている人の数だけ1万円がある。
それぞれが違う私を見て都合によって評価をしているのだ。

それぞれが、同じものを見ているようで見てない事に氣づく事!

※「皆にてほむる人はなく、皆にそしる人はなし」

どんなに立派な人でも、全ての人から好かれる事はなく、どんんなに嫌われても全ての人から嫌われる事はない

皆に好かれようとしなくとも、あなたを支え、あなたの素顔に氣づいてくれる人を大事にしよう。

関連記事

最近の記事

  1. 2017.11.8

    チャクラ
  2. 2017.11.3

    命の絆

アーカイブ

風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP