人工甘味料に注意(スクラロース)

子供達が食べるお菓子・ジュース・ガムなどに、使われている人工甘味料に注意してください!

私たちの身体は、食べる物で作られています。

与えるお母さんやお父さんが注意をしてあげないと子供達は病気になります。

小さなお子さんが食べるビ〇コも危険です。

 

 

内海先生のFBより転載↓

アステルパームの問題が取り上げられるようになり、多くの企業が早急に違う人工甘味料に切り換えなけらば行けない状況に追い込まれる中、2000年から急激に売り上げを伸ばしている人工甘味料がスクラロースです。

スクラロースはスプレンダという人工甘味料としても販売されています。

コンビニなどで販売されているミント、ガムのほとんどすべての製品にアスパルテームかスクラロースが入っています。

化学を勉強した人には、分子をみれば毒とわかります。スクラロースの分子には塩素がついています。塩素は人間が摂取した場合、害があることが証明されているので毒です。

化学では、塩素の分子と炭素(Carbon (C))の分子をくっつけるとオルガノクロライド(Organochloride)という分子になります。

一般的によく知られる違うオルガノクロライドは、ダイオキシン、PCB、DDT(毒が強く、多くの国で使用を禁止されている農薬)です。

人間が摂取してもよいという許可が下りたオルガノクロライドは、スクラロースが初めてで、ただ一つなのです。

さらにショックなのは、スクラロースは新しい”農薬の研究中”にちょっとしたハプニングで発見されたという事実です。

スクラロースには、人間が摂取しても安全だというデータが非常に少ないのです。妊娠中、お年寄り、子供が摂取して安全だというデータも一切ありません。

健康な人が摂取しつづけた研究結果も例は少なく、ほとんどはラットを使った動物実験で、52週~104週摂取をさせつづけた結果は以下のようなものでした。

・成長の遅れ
・赤血球の減少
・甲状腺の働きの衰え
・マグネシウムとリンの欠乏
・肝臓、脳肥大
・肝臓細胞異常
・卵巣収縮
・白内障の可能性が高まる

スクラロースを摂取すると、体の中でいくつかの違う成分に分かれます。その中の、1.6-DCFと4-CG。この2つは肝臓にダメージを与えることで知られています。

高熱を加えると、HCLというガスが発生します。これもよく知られている毒です。

それなのに、ローカロリーのマフィンやクッキー、プロティンバーにスクラロースはよく使われています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2018.07.20

    講演会情報
  2. 2018.07.18

    天賦の才
  3. 2018.07.10

    熱中症予防
  4. 2018.07.4

    施術のご感想

アーカイブ

風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP