膝に水がたまる原因

お年寄りの方など、膝に水がたまり病院などでぬくケースが多いように思います。

原因については、変形性膝関節症などで関節軟骨がすり減ったかけらなどが、関節を包んでいる「関節包」という組織を刺激して炎症を起こし、痛みを引き起こしています。

それと同時に刺激により関節液が(滑液)が過剰に分泌され、”ひざに水が溜まる状態”となり”だるさ”や”痛み”などの不快感を感じるようになります。

病院などで、水をぬいてもらったり、ステロイドやヒアルロン酸などの薬を注射したりしても、原因を取り除かない限りなんどでも繰り返し、水がたまり抜くことになります。

たまるから抜くという事を頻繁に繰り返すことで、逆に膝の老化を早める結果となることを知って頂きたいと思います。

こちらでも、膝に水が溜まるという方が来院されますが、原因を取り去ることにより水がたまらなくなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017.09.19

    神の経
  2. 2017.09.6

    今日は満月
  3. 2017.09.1

    施術のご感想
風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP