本「大往生したけりゃ医療とかかわるな」

朝、新聞を見ていてとても興味深い。

現役のお医者様が書かれた本です。

現在、高齢化が進み国民医療費は年々増加をしており、年間30兆円を超えており、平成25年には80兆円を超えるだろうと言われております。

病気にならない為に、”身体の肉体的ストレス”そして”精神的ストレス”を取る事・・・ 身体のケアが大切です。

皆、それぞれが治癒力をもっており、全てを薬や医療で治そうとするのが間違いなんです。

興味がある人は、読まれることをおすすめします。

皆、生まれた時に設定してきた宿命があると思います。

それを、延命処置をして1週間、1ヶ月長く生きたからといってもそれは幸せではないと考えます。

これまで、募金をつのり海外で臓器移植をしていた子供達は、手術成功したという事でしたが、皆亡くなっています。

無理に生かすということは、神の領域に反することなんでしょうね。

何が幸せなのか・・・と考えさせる1冊だと思います。

第一章 医療が”穏やかな死”を邪魔している

●医療に対する思い込み

●「あたなは確実にこうなる」と断言する医者はとんでもないハッタリ屋

●本人に治せないものを、他人である医者に治せるはずがない

●ワクチンを打ってもインフルエンザにかかる

●解熱剤で熱を下げると、治りは遅くなる

●鼻汁や咳を薬で抑えるのは誤り

その他・・・

第2章 「できるだけの手を尽くす」は「できる限り苦しめる」

●「おまえなんか、そうやすやすとは死ねんからな」

●極限状態では痛みを感じない

●「自然死」のしくみとは

●家族の事情で親をいかすな

●長期の強制人工栄養は、悲惨な姿に変身させる

●鼻チューブ栄養の違和感は半端じゃない

●食べないから死ぬのではない、「死に時」が来たから食べないのだ

その他・・・

第三章 がんは完全放置すれば痛まない

●死ぬのはがんに限る

●がんはどこまで予防できるのか

●「がん検診」は必要か

●「早期発見の不幸」「手遅れの幸せ」

●「ガン」で死ぬんじゃないよ、「ガンの治療」で死ぬんだよ

●手遅れのガンでも苦痛なしに死ねる

●最後を医者にすがるのは考えもの

その他・・・

第4章 自分の死について考えると生き方が変わる

第5章 「健康」には振り回されず、「死」には妙にあらがわず、医療は限定利用を心がける

●医者にとっては年寄りは大事な「飯の種」

●基準値はあてになるのか

●年寄りはどこが具合が悪いのが正常

●年寄りに「過度の安静は」はご法度

●人は生きてきたように死ぬ

終章 私の生前葬ショー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017.04.29

    断食・小食
風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP