添加物に注意!!

 

 

添加物の使用がハンパなく多いです。

パンなどの裏表示みて下さい。

カタカナの意味不明の物が多いですね。

これがスナック菓子やパンやジュースなどに大量に入れられております。

大手メーカーの物は避けましょう!

いくらでも、添加物の入ってないものはネットで購入できます。

その他、農薬も使用が多すぎてとてもじゃないが食べられません。

ジャガイモなどは、最近芽が出ませんが、放射線をあてておりますし、海外と比べ農薬の使用量が数十倍~数百倍ですよ。

注意です。

 

 

(FBの投稿より)

「脳を徐々に破壊する食品添加物」

1位 グルタミン酸ナトリウム
いわゆる「味の〇」。「アミノ酸等」などと表示される。脳生理学の分野では「神経興奮毒物」と呼ばれるほどに。

2位 アスパルテーム
人工甘味料。アスパルテームの大部分を構成するフェニルアラニンとアスパラギン酸は、単体で摂取すると両方とも脳細胞を興奮させすぎて死に至らしめる興奮性毒である。アスパルテームは、世界120ヶ国で認可され、使用される食品・医薬品・ダイエット食品などは全世界で1万品目を超える。

3位 スクラロース
人工甘味料。脳肥大、肝臓細胞異常、卵巣収縮、白内障の可能性が高まる。

4位 ジアセチル(バター風香味料)
ジアセチルは人工香料としてポップコーンやスナック菓子に使われ、またアルコール飲料を造る過程で自然に発生する。気管支疾患などへの影響が疑われ、ミネソタ大学の研究チームらは、ジアセチルがアルツハイマー病と深い関わりがあるとされている。

5位 アルミニウム
アルツハイマー病の人の脳内検査でアルミニウムの濃度が高いことがよくある。ベーキングパウダーや胃薬、またアルミ缶、アルミホイルに注意する必要がある。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2019.08.10

    残留農薬危険
  2. 2019.08.2

    肝腎要
  3. 2019.07.31

    熱中症対策
  4. 2019.07.23

    生活習慣病
  5. 2019.07.18

    ビワ

アーカイブ

風水整体
風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax

豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP