側湾症

側湾症 Tさん(18歳)

中学生ぐらいに検査をした結果、側湾症と診断されたそうです。

友人の男の子が、「ちょっと肩がヤバイよと彼女には言ってたんですよ~」と教えてくれました。

実際、写真では解りずらいのですが、かなり曲がっており呼吸がしづらいし、目の方も違和感があり頭痛も出てきていたということです。

腰背部痛や胸の圧迫と変形による呼吸器障害・循環器障害など内臓にも影響を及ぼし、当然骨格が左右に彎曲しますので疲れやすいです。

側弯症全体の80%は、原因がわからないものだと言われています。

Tさんが言うには、35度の側湾症だと先生に言われていたそうです。

(手の長さも3センチ違い、足の長さも2センチ違いますし、思いっきり骨盤が歪んでいました。)

もっとも多いのが思春期の発症で、 右胸椎カーブが多く圧倒的に女子に多いの特徴です。

お話を聞く限り、精神的なストレスが原因のようでした。

本人がかなり辛い体験をされていたようです。

施術後、呼吸もラクだし、ラクに立てるし足がすっすっすっと出ますと言う事で大変喜んで頂きました(^^)

 

 

側弯症感想

 

 

 

 施術前  施術後
 1側弯症

 ⇒

 3側弯症

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

風水体でプラスイメージを真のパワーに
1DAYファスティング
「1DAYファスティング」を始めてみませんか? 生活のクオリティーが上がります
体とタロットのつながり
一秒で読むタロットリーディングのテクニック
セルパワー
セルパワーの特別な磁力で元気な細胞を保つ

愛知県豊橋市
「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」自然療法&ヒーリングサロン整体院E-Relax



豊橋市整体「腰痛・肩こり・頭痛・自律神経失調症専門」のヒーリングサロン24時間E-Relaxへのご相談・お問い合わせ

PAGE TOP